地震保険を選ぶ際は、保険の内容をしっかりと理解して加入しましょう。

地震保険に加入する前に注意すること

2011年に起きた、東日本大震災の影響で地震保険の加入者が急増し、前年同月の新契約件数の値を大きく上回っています。

しかし、地震保険というのは、自動車保険や生命保険と違い、 単独で加入することは出来ず、必ず火災保険に加入した上でその付帯保険として地震保険を契約することになっています。

そして、地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30%から50%の範囲で設定するようになっており、また上限金額は建物5,000万円、家財1,000万円となっています。

このように地震保険の補償は加入する火災保険の内容に影響されます。

地震保険は保険の内容を理解せずに加入してしまうと、地震で被害にあった時に、必要な補償がされないということも起こりえます。ですから、地震保険を選ぶ際は、保険の内容をしっかりと理解して加入しましょう。

当サイトでは、地震保険の必要性や保険の選び方、保険金が支払われるケースと支払われないケースなど、地震保険に加入する前に絶対知っておいて頂きたい情報をわかりやすく解説しています。

大手地震保険会社6社の特徴なども紹介していますので、保険選びの際の参考にしてください。

スポンサードリンク



地震保険をわかりやすく解説

地震保険とは

地震保険とは、地震災害によって建物が倒壊したり損害を受けた場合において補償される保険で、地震災害による火災によって建物が倒壊した場合や一部損壊した場合などにも補償を行うものとなっています。
詳しく見る

地震保険の保険料について

地震保険の保険料は、基本的に地震保険での加入は国と政府で公正に作られた保険のため、どの保険会社で加入しても同じ金額となっています。
詳しく見る

火災保険と地震保険

火災保険と地震保険は、切っても切れない関係にあります。
地震保険は単独で加入することは出来ず、必ず火災保険に加入した上でその付帯保険として地震保険を契約することになっているからです。
詳しく見る

保険金が支払われるケースと支払われないケース

地震保険において保険金が支払われないケースとは、どのような場合でしょうか。地震保険は地震による被害に対して補償をしてくれるものといっても、すべてのケースで保険金がもらえるというわけではありません。
詳しく見る

普段お世話になっている、おすすめサイト
ロック / メタル / バンド Tシャツ専門店|メタルシンフォニー