地震保険の補償内容について

スポンサードリンク



地震保険は、地震、噴火、また地震による津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失による損害を補償する保険です。単純に火災事故による損害を補償するのなら、火災保険を適用させたほうが補償額も大きく有利ですが、地震を原因とする火災は、地震保険でしか補償できないようになっているので、ここはしっかり理解しておく必要があります。

また地震保険が適用となるのは居住用の建物と生活用動産です。工場や事務所といった建物は居住用ではありませんので地震保険では補償されませんし、火災保険では明記物件とすることで補償対象となる1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、宝石、骨董、有価証券、預貯金証書などは補償されません。また津波に流された車も地震保険の対象外です。

なお地震保険では損害のレベルを全損、半損、一部損の3つに区分けしていますが、それぞれに基準がありますので、整理しておきましょう。

【全損・半損・一部損の基準】
・全損
建物の主要構造部位(基礎・土台・柱・梁・耐力壁・小屋組など)の損害額が、建物の時価額の50%以上に達している、また焼失、流失した部分の床面積が、延床面積の70%以上に達している。
また家財の損害額が家財の時価額の80%以上に達している。

・半損
建物の主要構造部位の損害額が、建物の時価額の20%以上50%未満であり、焼失、流失した部分の床面積が、延床面積の20%以上70%未満である。
また家財の損害額が家財の時価額の30%以上80%未満である。

・一部損
建物の主要構造部位の損害額が、建物の時価額の3%以上20%未満であり、床上浸水や地盤面から45センチを超える浸水を受けている場合。
また家財の損害額が家財の時価額の10%以上30%未満である。

スポンサードリンク