マンションの地震保険について

スポンサードリンク



マンションに地震保険をかける場合も、戸建て住宅と大きく変わることはありませんが、マンションの場合は共用部分もありますので、どのように考えればよいか迷うかもしれません。

マンションを所有すると、専有部分と共用部分、そして土地の使用権をもつことになります。土地には火災保険も地震保険もかけられませんので、保険をかける対象となるのは専有部分と共用部分ということになります。

専有部分の火災保険は、所有者が契約することになりますので、専有部分の地震保険は個人ベースで検討できます。問題は共用部分の地震保険をどうすればよいかということです。

共用部分の火災保険をマンション管理組合で契約している場合は、マンション管理組合が保険契約者となり、各被保険者ごとに算出した額の範囲内で地震保険を個別に設定し、地震保険の保険契約ができます。また、一部の所有者が地震保険をつけないとする場合でも、共用部分の当該共有持分を地震保険から除外して契約することができます。

なお地震保険の損害認定は、木造だと軸組み、 基礎、屋根、外壁の4点の損害程度に応じて認定を行ない、マンションのような非木造の建物では、建物の構造耐力上、一体となっているため、 建物全体の沈下または傾斜、柱・外壁等の損傷程度によって認定を行います。
壁紙の亀裂などは、マンションの専有部分にあたりますが、躯体への損害は共用部分の損害となる場合もあることを考えると、専有部分だけではなく自分の共用持分も地震保険に加入しておくことがマンションの地震保険ではより安心と言えます。

ただし共用部分に地震保険をかけるかどうかは、ひとりの考えで決めることができません。地震保険を考えている方は、まずマンション管理組合の理事長さんに相談してみることをおすすめします。

スポンサードリンク