地震保険と賃貸物件について

スポンサードリンク



今では賃貸物件でも借主が火災保険に加入することが当たり前になりましたが、震災以降は、賃貸の住んでいる方でも地震保険を検討する方が増えてきています。

賃貸物件は、アパートであれ戸建てであれ、その物件のオーナーは火災保険や地震保険に加入しているわけですが、入居者の家財にまで保険をかけているわけではもちろんありません。ですから入居者が火災保険や地震保険に加入するということは、家財保険をかけているということです。ただし火災保険だけでは、地震や噴火、津波などを原因とする家財の損害を補償することができません。そこをカバーするために入るのが賃貸物件の地震保険ということになります。

あとは賃貸物件の場合、地震保険には入るべきかどうかというところがいちばんの迷いどころとなるでしょう。地震保険は家財のみの一部損という場合でも保険金の支払対象となりますが、食器だけが破損したといった軽微な損害は支払対象とならないことがあります。しかし地震の規模によっては家財一式がダメになるということもありますので、広くリスクに対応するのなら、地震保険に加入しておいたほうが安心なのはたしかです。賃貸の場合は保険料がそれほど高いわけではありませんので、かえって地震保険を検討しやすいのではないでしょうか。

賃貸物件の火災保険などは、物件を管理している不動産会社が保険代理店となって保険をすすめているケースがほとんどですから、地震保険に加入する場合でも管理会社を通じて保険に加入することになるでしょう。このとき注意したいのは、余計な補償までついていないかということです。賃貸物件の火災保険や地震保険は、保険契約を事務的にすすめてしまいがちがですが、かならず保険の中身についての説明を受けて、納得のうえ契約するようにしてください。

スポンサードリンク