火災保険と地震保険の関係について

スポンサードリンク



地震保険は火災保険の上乗せ保険のような位置づけにあり、基本となる火災保険に加入していなければ地震保険をつけることはできません。地震保険と火災保険は似ているところもありますが、比較してみるとかなり違いがあることがわかります。

まずいちばんの違いは補償範囲です。住宅火災保険は住宅の時価額、新築の場合は再取得価額を保険金額として契約します。したがって保険金額に上限という考え方はありません。

いっぽう地震保険は、最大でも火災保険の50%までしか保険をかけることができません。また半損の場合は、保険金額の30%までしか補償されません。そして地震保険は保険契約の上限額が設けられており、建物は5000万円、家財は1000万円までです。
(全損で5000万円支給される地震保険というのは、火災保険の保険金額が1億円以上ということになります)

おなじ損害保険でも、火災保険と地震保険で補償の考え方が違うのは、地震による災害が同時に多発するという特殊性があることもその理由です。地震保険の制度を国も分担して支えざるを得ないことも地震災害の特殊性を示していると言えるでしょう。

また火災保険では、貴金属などの宝飾品、骨董・美術品といったもので、ひとつの価額が30万円を超えるものは明記物件として補償対象にできますが、地震保険で補償対象となるのは建物と生活用動産だけで、火災保険で明記物件に該当するような高価な物品は補償対象となりません。また火災保険では稿本、設計書、図案、証書、帳簿といったものも明記物件として補償対象にできますが、これらは生活用動産ではありませんので地震保険では補償対象となりません。

スポンサードリンク