地震保険の仕組みを理解する

スポンサードリンク



地震保険を選ぶ場合、地震保険の仕組みを理解するということは当然ながら必要なことです。保険の仕組みを理解するというのは難しく感じるかもしれませんが、地震保険は非常にシンプルで分かりやすい保険ですから、仕組みといってもけっして難解なものではありません。

少額短期保険業者の地震保険は別ですが、地震保険は火災保険に加入していなければ契約はできません。そして補償対象となるのは居住用の建物と家財(生活用動産)で、地震、噴火、津波を原因とする、火災、損壊・埋没、焼失・流失といった損害に保険が適用されます。

また地震保険は、実損を補填する保険ではありません。地震保険で契約できる金額は火災保険の30%~最大50%までです。しかも損害認定が全損、半損、一部損と3種類しかありません。実損額が違う損害案件でも、保険契約金額が同じなら、半損と認定されれば支払われる保険金額が同じになるということです。

そして地震を原因とする火災は地震保険の範疇となりますので、火災保険の補償は適用されません。これは当たり前のことですが、割りと誤解しやすいところですから理解しておきましょう。

もうひとつ地震保険の仕組みとして忘れてはいけないのが、損害補償の責任を国でも関与しているということです。そのため地震保険は損害保険会社によって格安保険が出されるといったこともありませんし、保険会社によって違った特色がでるといった保険ではありません。

これらが地震保険の特徴と基本的な仕組みとなります。

地震保険の保険料は建物の構造と所在地で変わってきますので、所在地が保険料の割高な南関東で、構造が木造といった条件が重なると保険料も高くなりますが、それは補償額が低いから割高に感じるのであって、保険料の金額自体はさほど負担になるものではありません。つまり地震保険の加入を迷うということは、補償が限定的な保険だから、あえて保険料を負担して加入するほどの意味があるのかと感じるからでしょう。

どうしても地震保険の加入を迷うというなら、加入している火災保険が地震災害特約付きの火災保険だとしたらどうかと考えてみるとよいと思います。地震保険は確かに補償が限定的ですから、保険ではなく火災保険の特約と考えればちょうどよいのではないでしょうか。それに地震保険は1年ごとに契約できますので、不要と感じたら更新しなければよいだけです。

なお実際に一部の火災保険では、地震災害の特約がつけられるものもありますので、そうした火災保険を選ぶというのもひとつの震災対策にはなるでしょう。

スポンサードリンク