地震保険は本当に必要?

スポンサードリンク



地震多発時代がはじまったと言われるぐらい、東日本大震災以降、中小規模の地震が日本のいたるところで頻発しています。原因についてはいろいろ言われているわけですが、いずれにしても地震への対策は私たちの生活から切り離せないテーマになったと考えてよいのではないでしょうか。

地震保険の保険金は最大でも火災保険の半分までですから、震災で家を失うことになっても保険金で同レベルの住居を再取得できるわけではありません。あくまでも生活再建の足掛かりをつくるということが地震保険の加入目的となります。

半損や一部損であれば、支払われる保険金はさらに少なくなります。そのようなレベルの保険契約を維持するぐらいなら、貯蓄したほうがよいのではと思う方もいるかもしれません。貯蓄も一種の保険ですから、毎月の家計のなかで一定の貯蓄ができているという方は、あえて地震保険で備えなくてもよいかもしれません。とくに築年数がある程度経過していて、火災保険の保険金額を時価で契約しているような世帯では、地震保険の保険金額はそう大きな金額ではありません。長い目でみれば貯蓄のほうがよいという考え方もできるでしょう。

ただし新築物件などの場合は、住宅ローンの残債も多いわけですから、万一震災によって住まいを失った場合のことを考えると、地震保険の保険金でローンの残債を整理するなどの活用ができあると助かる資金になるでしょう。新築の火災保険は再取得価額で保険金額を決めるはずですから、地震保険の保険金額も比較的大きな金額で契約できます。

ただ、住宅ローンなどがなくても、生活再建資金を地震保険で準備したいという方は、地震保険に加入してもよいのです。地震保険の場合は、得られる補償額と保険料のバランスをどう捉えるかということが加入するかどうかの決め手となります。地震による損害規模は誰にも予測はできません。損得だけを突き詰めて考えると、おそらく何時まで経っても納得できないまま、地震に備えることができなくなるでしょう。

保険料は割高になりますが、共済には積立型の地震保険(共済)などもありますので、どうしても掛け捨てがもったいないと感じる方は、そうしたタイプの保険を検討してみるというのもひとつでしょう。

スポンサードリンク