地震保険の料金一覧について

スポンサードリンク



以下が地震保険の保険料の一覧です。ここに示している保険料は、100万円あたりの保険料ですから、地震保険の保険金額が1200万円だとすると、岩手県でロ構造の場合は年間の保険料が12000円ということです。
これが4等地の東京でロ構造の場合は、37560円となります。

【100万円あたりの保険料】

所在地区分

イ構造

ロ構造

都道府県

一等地

500円

1000円

岩手県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、鳥取県、島根県、山口県、福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、鹿児島県

二等地

650円

1270円

北海道、青森県、宮城県、新潟県、長野県、岐阜県、滋賀県、京都県、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、大分県、宮崎県、沖縄

三等地

650円

1560円

香川県

910円

1880円

茨城県、山梨県、愛媛県

1050円

1880円

埼玉県、大阪府

四等地

910円

2150円

徳島県、高知県

1690円

3060円

千葉県、愛知県、三重県、和歌山県

1690円

3130円

東京都、神奈川県、静岡県

保険期間:1年

またロ構造とイ構造とでは、保険料に倍近い差が生じます。一般の戸建住宅は木造が多いため地震保険の保険料は割高になりがちですが、同じ木造、木質構造の住宅でもツーバイフォーや省令準耐火木造であればイ構造に分類されます。地震保険の保険料を考えて住宅の構造を選択する人は少ないかもしれませんが、実際に建てるときは、こうしたことも注意してみてはいかがでしょうか。

なお、構造区分の判定基準が平成22年1月1日から改定されましたが、改定前から継続している地震保険において、改定後に基準料率が引き上げとなる場合(改定前の基準でイ構造とされたものが、改定後にはロ構造とされる場合)、保険料が極端な引き上げとならないように「激変緩和措置」が設けられています。

地震保険の「激変緩和措置」では、一等地は650円、二等地は840円、三等地は840円~1360円、四等地は1180円~2190円というのが、改定によってイからロ構造に変わった場合の、100万円あたりの保険料となります。保険料はイ構造とロ構造のおおよそ中間の金額となっており、これによって急激な値上げとなることを緩和しようという意味があります。

スポンサードリンク