JAの地震保険料控除について

スポンサードリンク



JAで販売している損害保険は保険ではなく共済ですが、JAの共済で地震保険に該当するものは、火災保険と一緒になった建物更生共済『むてき』があります。

建物更生共済『むてき』は火災保険を基本として地震にも備えることができるわけですが、それ以外にも火災や自然災害によってケガを負ったり死亡した場合に傷害共済金が支払われるような契約もできますし、自然災害につきものの、残存物をとり除く費用や消火にかかった費用、さらに当面の生活に必要な費用等もひとつの共済で備えることができます。

保証範囲(共済では“補償”ではなく“保証”という文字を使用します)を広くするとそのぶん掛金が高くなりますが、「損害防止費用共済金」「残存物とりかたづけ費用共済金」「臨時費用共済金」などの費用共済金や傷害共済金をつけない契約にすると、共済掛金をおさえて契約できます。

また建物更生共済『むてき』は掛け捨ての共済ではなく、満期共済金もあります。また満期共済金の受け取り方も一括、分割を選択できるようになっており、掛け捨てが嫌いな方にはおすすめの地震保険と言えます。

JAの建物更生共済『むてき』は地震保険が組み込まれていますので、もちろん地震保険料控除として所得控除に使えます。ただしいろいろな保証が合体した共済ですから、地震保険料控除を行なう場合は、係数を掛け、地震保険料控除対象掛金を計算することになります。

主契約で契約している場合は、火災共済金額に50%を掛けて、これに算出係数を掛けることで地震保険料控除対象掛金を算出できます。この算出係数は契約年度によっても違ってきますので、JAの担当者に確認して計算してもうとよいでしょう。

いずれにしても、JAの建物更生共済『むてき』が地震保険料控除に使えることは間違いありません。
共済金も地震保険のように「全損」「半損」「一部損」ではなく、共済金額に「損害割合」を掛けて計算しますので、損害規模に応じた共済金が受け取れるといった利点もあります。一般的に評価の高い地震共済ですから、地震保険を考えている方は選択肢に加えて検討してみるとよいでしょう。

スポンサードリンク