地震保険の補償額について

スポンサードリンク



地震保険の補償額は火災保険の保険金額によって変わります。このことは地震保険のひとつの特徴と言えるでしょう。

地震保険の補償額は、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲で決めることになります。たとえば、契約している火災保険の保険金額が2800万円だとしたら、建物も家財も840万円~1400万円の範囲で地震保険の補償額を設定することになります。

このことから分かるのは、地震保険に加入していたとして、地震や津波で住宅が全損しても、失ったものと同等の住宅を支払われる保険金で再取得はできないということです。

火災保険は新築の場合は再取得価額で火災保険をつけますし、新築でない場合でも時価額で契約します。築年数がある程度経過している住宅に地震保険をつける場合は、時価額の50%となりますので全損でも1000万円を切る補償額でしか契約できないということもあります。

ただしこれは全損の場合の話で、これが半損だと保険金額の30%、一部損では5%ですから、得られる補償額はさらに限定的なものになります。

地震は発生リスクの高い災害で、当時多発的に補償案件が発生することから保険料は高くなりますが、基本補償だけでは不安だという場合は、生活再建に見合った補償額を得られる上乗せタイプの地震保険もありますので検討してみるとよいでしょう。とくに住宅やマンションの取得資金が、住宅ローン中心という方は地震補償の上乗せを考えておいたほうがよいかもしれません。

スポンサードリンク